2012/05/17

Multilingual Playgroup Report (May 14, 2012) / 5月14日多言語子育てひろばを開催しました

On May 14, 2012, Multilingual Playgroup was held at Hokkori Heart Demach. 
36 people from England, Korea, Indonesia and Japan were participated.
The Seals on the BusWe sang 'Hello to All the Children of the World" together at the opening.

Hello, bon jour, buenos dias!
G'day, guten-tag, konichiwa.....
Ciao, shalom, do-brey dien,
Hello to all the children of the world!


And then, at information exchange time, we shared our childbirth stories. One of the participants from Japan enjoyed a painless delivery in Kyoto and we were all interested in her experience. Painless delivery is not common in Japan and the main idea for delivery in Japan is to endure the pain during delivery. She says that she wants to recommend painless childbirth because she felt so much relaxed. Also, one Indonesian mother shared her childbirth story. She gave a birth in the hospital in Indonesia with her husband and her mother. Until some time ago, husband presence at the delivery was not common in Indonesia, however, the things are changing. There are also options for women to consider that can help reduce pain during the birthing process, she said.

After chatting is story time. We counted one to ten in Taiwanese. Its sound is quite similar to Japanese. It was interesting!

The title of a picture-book is "The Seals on the Bus." A mother from Indonesia read the book for us. This is perfect for animal sounds! We all enjoyed sounds of animals.

Next gathering is on Monday, June11, 2012.

5月14日、ほっこりはあと出町で「多言語子育てひろば」が開催されました。参加者は36名、インドネシア、韓国、イギリス、日本のご家族が集まりました。

はじまりは、「Hello to all the Children of the World」をみんなで歌いました。もうすっかり歌詞(世界のあいさつ)を覚えた参加者もいらっしゃいました。

情報交換では、出産について話をしました。京都で無痛分娩をした参加者の話に、みんな興味たっぷり。日本では無痛分娩はあまり主流ではないですしね。無痛分娩をされたお母さんは、「無痛分娩を体験して本当に良かった。みんなにもすすめたい。」とおっしゃってました。陣痛から出産まで全く痛みを感じなかったので、ツイッターで実況中継をされたくらい余裕だったそう。「最初に医師からきちんとした説明を受けて、納得ができたからこそ無痛分娩で出産することができました。『いきんでください』と言われてもどうすればいいかよくわかりませんでした。痛みも体力消耗もないので、出産後も普通に歩けました。」と、笑顔でお話ししてくださいました。また、インドネシア出身のお母さんも出産の体験も話してくれました。ご主人、お母さんの立ち会いのもと出産をしたそうです。少し前までは、男性が出産に立ち会うことは全く考えられなかったそうですが、変わってきているようです。(もう一人のインドネシア出身のお母さんは、ご主人は「出産に関してはノータッチで、立会出産とかはあり得ない」との話もありました。)無痛分娩の選択も始ってきているそうです。一方病院が遠い島などでは、自宅で助産師がきて産むそうです。

おしゃべりの後は、文字カウント。今回は台湾語です。日本語の音と似ているものがあって、とても面白かったです。

絵本は、動物が次から次にバスに乗り込み、鳴き声を披露する物語、「The Seals on the Bus」をインドネシア出身のお母さんに読んでいただきました。鳴き声のまねをしながら、子どもも大人も楽しみました。

次回は、6月11日(月)です。お楽しみに!